就職や転職で希望通りの仕事に就くためにには好印象を与える履歴書が必要です。履歴書を作成する上でのポイントをアドバイスするサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな些細なことでも、気になれば調べて履歴書の内容を改善

新卒の就職活動がピークを迎える時期、転職希望者の動きも活発化していますね。
景気は一時の勢いはないものの、能力ある人材を確保したいという企業の思惑は根強く、今年も売り手市場は続く見通しです。
ただし、それはあくまで新卒や、売れるキャリアを持っている転職者のみ。
一般の転職希望者、特に中高年や特にアピールできるスキルを持たない事務職希望者にとっては、これから先、転職市場は厳しくなっていくと思います。

昨日、友人の知人の履歴書の件で相談を受けました。ちょっとややこしいですが、私の友人の知人が転職を考えていて履歴書を書いてきたのでアドバイスが欲しいというものです。
学歴はどこから書いたらいいか、職歴で入社は正式名称で略さずに書いたけれども、退社は同退社としていいかなどの質問でした。

転職の場合は、高校卒業から書き、できるだけ職歴やキャリアに重点を置いて、アピールできる表現を考えて書くよう、アドバイスをしました。
もちろん、同退社はないですよね。
これを見た採用担当者は奇異に感じます。
続きを読む
スポンサーサイト

誇張しすぎる履歴書、虚偽内容の履歴書がもたらす結果

就職・転職活動が活発になってきましたが、一度作成した履歴書や職務経歴書を見直している人も多いのではないでしょうか。
今までの表現でいいのか、もっと自己アピールできる内容はないかなど、工夫を盛り込んで作成していると思います。
面接までたどり着くことができなければ、いくらキャリアがあっても相手に明確に伝えることができないわけですから、履歴書や職務経歴書作成に力を入れすぎてマイナスになることはないと思います。

しかし、あまり自己アピールにばかり気を取られて、その内容が実際以上に誇張されていたり、極端な場合、一部嘘の内容を盛り込んだりすると、決していい結果を期待することはできません。

履歴書の記載内容が正しいかどうか、採用する側としては気になるところです。特に転職者の場合、即戦力としての期待感が強いわけですから、前職でどのような能力を発揮していたのか、また人物評価はどうであったのか、本当のところを知りたいと思うのは当然ですね。

今年の初めに日経ビジネスオンラインで、「知らないところであなたは調べられている」という記事が載っていました。応募している企業の人事部門が極秘で行う「前歴照会」ですね。この、前歴照会、聞いたことはあるけれども、実際にはほとんど行っていないに違いないと思っている人がほとんどではないでしょうか。
続きを読む
  • 履歴書の文体統一はどうするか (03/27)
  • 今さら聞けない履歴書の書き方、履歴書の基本 (09/15)
  • 履歴書・職務経歴書に書きたい資格 (03/27)
  • 履歴書は手書きが有利か (12/15)
  • 就職面接で評価を下げないために (10/06)
  • 就職活動一休み (08/09)
  • 履歴書の相互チェック (06/22)
  • 就活スタートの心がまえ (04/06)
  • 就職留年は得か損か (01/18)
  • 履歴書の基礎を再確認 (12/18)
  • 履歴書を軽く考えていませんか 就職・転職の基本 (11/09)
  • 履歴書・職務経歴書に書く退職理由 (10/03)
  • 就職することの意味を再度考えてみる (08/15)
  • 人事採用担当者が履歴書を見る時間 (06/22)
  • 内容てんこ盛りの履歴書は逆効果 (04/21)
  • 新卒・第二新卒の就活に利用したいオンライン教育サイト (02/02)
  • オンライン「エントリーシート・履歴書」を使ってみる。 (11/26)
  • 履歴書の見栄えを良くする一番簡単な方法 (09/14)
  • 内定を得ることができないときの就職活動見直し (07/28)
  • 履歴書送付時の封筒の書き方チェック (05/24)
  • プロフィール

    kazu

    Author:kazu
    kazuのサイトへようこそ!
    よろしければ、コメントを残してくださいね。

    Google 検索

    Google

    Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。