就職や転職で希望通りの仕事に就くためにには好印象を与える履歴書が必要です。履歴書を作成する上でのポイントをアドバイスするサイトです。

履歴書に貼る写真についての疑問が多い理由

履歴書は第一印象を決める就職活動を進める上では欠かせない重要な書類。
だからこそ、細かなところまで気を配ってチェックし、完全な履歴書作成を目指すわけですね。
この履歴書の印象を決める大きなウエイトを占めるのが写真です。
どうしたら写真の印象が良くなるか、あるいは写真の貼り方で問題ないか、デジタル画像をそのまま貼りつけてもいいのか、限りなく疑問や不安が生まれます。

このサイトでも過去に履歴書の写真について意見を述べていますが、新卒の就職活動の場合は、少し高い費用を出してでも写真屋で履歴書用の写真を撮影してもらった方がいいと思います。
スピード写真でも問題ないとは思いますが、プロの写真家は良い表情を引き出して撮影してくれます。
顔の向きや角度を微調整したり、引きしまった印象になるよう顎をひくように指示したりと、一番いい表情になった時にシャッターを押すわけです。(中にはあまり腕の良くないプロもいるかもしれませんが)

このあたりがスピード写真と違う所ですね。
もちろん細かなサイズ指定もできます。
スピード写真では指定されたサイズに写真をカットする必要がある場合が出てきますが、カッと専用の機器を使用しないと切り口が汚くなったり、歪んだりすることもあります。
この手間暇をかけて撮影してくれるのですから、少々高くても仕方がないかもしれません。

最近では履歴書に写真のデジタルデータを貼りつけてメールで送るよう指示してくるところもあります。
転職などで、転職支援会社などに登録する場合など、まずは写真画像を貼りつけた履歴書をメール送信するよう伝えてくるケースが多いですね。
このようなケースにも対応して速やかかつ臨機応変に対応できるよう、普段からお気に入りの写真をデジカメで撮影しておくことも大事かと思います。

デジタルカメラで履歴書用の写真を撮影する場合は、バックが白の壁などを選び、フラッシュを利用する場合は影が出ないよう、壁から離れて立ちます。
最近は高感度撮影ができるデジカメが増えていますから、ノーフラッシュで撮影するのもいいですね。
ただし、部屋の中での撮影は蛍光灯などの色かぶりも発生しやすいので、ホワイトバランスの調整が必要になる場合もあります。

フォトショップなどの画像処理ソフトを使用できるのであれば、最初から切り抜き加工しやすいように撮影するのも大事ですね。
関連記事
  • 就職・転職できる履歴書の用紙選び (06/25)
  • 履歴書は定型フォームがいいのか (05/23)
  • 履歴書の文体統一はどうするか (03/27)
  • 今さら聞けない履歴書の書き方、履歴書の基本 (09/15)
  • 履歴書・職務経歴書に書きたい資格 (03/27)
  • 履歴書は手書きが有利か (12/15)
  • 就職面接で評価を下げないために (10/06)
  • 就職活動一休み (08/09)
  • 履歴書の相互チェック (06/22)
  • 就活スタートの心がまえ (04/06)
  • 就職留年は得か損か (01/18)
  • 履歴書の基礎を再確認 (12/18)
  • 履歴書を軽く考えていませんか 就職・転職の基本 (11/09)
  • 履歴書・職務経歴書に書く退職理由 (10/03)
  • 就職することの意味を再度考えてみる (08/15)
  • 人事採用担当者が履歴書を見る時間 (06/22)
  • 内容てんこ盛りの履歴書は逆効果 (04/21)
  • 新卒・第二新卒の就活に利用したいオンライン教育サイト (02/02)
  • オンライン「エントリーシート・履歴書」を使ってみる。 (11/26)
  • 履歴書の見栄えを良くする一番簡単な方法 (09/14)
  • プロフィール

    kazu

    Author:kazu
    kazuのサイトへようこそ!
    よろしければ、コメントを残してくださいね。

    Google 検索

    Google

    Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる