就職や転職で希望通りの仕事に就くためにには好印象を与える履歴書が必要です。履歴書を作成する上でのポイントをアドバイスするサイトです。

英文履歴書の書き方で気をつけるポイント

自分のキャリアを活かすために外国の企業や外資系の企業を目指している方も多いのではないかと思います。今は人材が不足している企業が多く、自分の希望の仕事に就くことができる可能性は高くなっていますので、準備をしっかり行って、採用にまでこぎつけたいものです。

外資系の企業の場合、日本語の履歴書とは別に英文の履歴書の提出を求められることがあります。日本語の履歴書はミスもなく、わかりやすくアピール力のあるものを作成していても、肝心の英文の履歴書にミスが多く発生したり、表現がいまいちであると、まず書類選考でボツになってしまうことを覚悟しなくてはいけません。

当然、入社してから英語を使うことが多くなると予想される外資系の企業ですから、まったく英語力がないのでは、就職先の再考が望ましいかもしれません。しかし、ある程度英語が出来て、自分のキャリアを活かしたいと考えているのであれば、最低限のポイントを踏まえて英文の履歴書を作成すればチャンスが大きく広がるはずです。

記入項目と注意すべき事としては次のような点が上げられます。
まずOBJEVTIVE(希望職種)ですね。
自分がどのような職種を希望しているのか、明確に説明する必要があります。
次にQUALIFICATIONS(資格・能力)
これは希望する職種に対して、どのような資格・能力を有しているのかを記入します。
希望職種、資格・能力とも、ダラダラ書くのではなく、合理的な理由付けに注意を払いながら簡潔にまとめます。
ダラダラとした文は、自分の能力のなさをアピールしているようなものですから避けたいものですね。

そうしてもうひとつ大事なものがEXPERIENCE(職歴)です。英文の履歴書の場合は、ごく最近のものから過去に遡って書いていく形式が一般的です。肩書きや業績など、アピールできる内容は、もれなく書いていきます。

まずは英文履歴書の大事な3つの項目、自分なりの工夫を加えてみてはいかがでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 履歴書は定型フォームがいいのか (05/23)
  • 履歴書の文体統一はどうするか (03/27)
  • 今さら聞けない履歴書の書き方、履歴書の基本 (09/15)
  • 履歴書・職務経歴書に書きたい資格 (03/27)
  • 履歴書は手書きが有利か (12/15)
  • 就職面接で評価を下げないために (10/06)
  • 就職活動一休み (08/09)
  • 履歴書の相互チェック (06/22)
  • 就活スタートの心がまえ (04/06)
  • 就職留年は得か損か (01/18)
  • 履歴書の基礎を再確認 (12/18)
  • 履歴書を軽く考えていませんか 就職・転職の基本 (11/09)
  • 履歴書・職務経歴書に書く退職理由 (10/03)
  • 就職することの意味を再度考えてみる (08/15)
  • 人事採用担当者が履歴書を見る時間 (06/22)
  • 内容てんこ盛りの履歴書は逆効果 (04/21)
  • 新卒・第二新卒の就活に利用したいオンライン教育サイト (02/02)
  • オンライン「エントリーシート・履歴書」を使ってみる。 (11/26)
  • 履歴書の見栄えを良くする一番簡単な方法 (09/14)
  • 内定を得ることができないときの就職活動見直し (07/28)
  • プロフィール

    kazu

    Author:kazu
    kazuのサイトへようこそ!
    よろしければ、コメントを残してくださいね。

    Google 検索

    Google

    Sponsored Link

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる